煙突物語

薪ストーブの煙突について考えてみました。

薪ストーブを設置する際、あまり考えられないのが煙突ですが、簡単に考えたら大間違いです。
煙突は、薪ストーブの付属品ではないのです。
薪ストーブの性能を引き出し、安全性にも大きな影響を与える煙突こそ、薪ストーブの主役なのかもしれません。

煙突の設置方法は多種多様ですが、消防法などの規制があることを知っておいてください

 

 

 

上昇気流が必要です

効率よく煙を排出し、効率よくストーブを燃やす必要があるのですが、設置の方法や、煙突の選定が間違っていると、
良い上昇気流を作り出す事が出来ずに、ストーブが燃えてくれません。
暖かい空気は、冷たい空気より軽い原理を応用して、煙を排出するのが煙突なのですが、
煙突の選定の間違いで、途中で空気が冷たくなり、充分な上昇気流が得られない場合があります。
外気の影響を受けにくい煙突の場合は、煙の温度を高温のまま排出できるので、最良の上昇気流(ドラフト)を得る事が出来るのです。

 

途中で熱放射が進んでしまう

断熱がない場合

煙の温度が下がらず強い上昇気流

断熱がある場合

こんな煙突が必要です

断熱材で保護された、2重煙突が必要です。
2重煙突は、煙突が2重構造になっていて、間に断熱材が入っています。断熱材が保温してくれるため煙突は冷めにくく、排気温度を
保ったまま煙を排出する事が出来る煙突です。
断熱構造を持たない、シングル煙突は排気熱が放射されやすく、途中で冷めてしまうため上昇気流が弱まります。
このため、煙が煙突内に滞留してススやタールが付着しやすくなり、ストーブが燃えないばかりか、煙突火災の危険もはらみます。

資料提供 バーモントキャスティングカタログ

左は分厚く断熱材の入った北欧仕様の二重煙突。右は一般的な二重煙突。共に外気に影響されない仕様になっている。

 

 

 

 

 

煙突の役目は沢山あります。

二重煙突なんて値段が高いから必要ないと思っていらっしゃる方が大半ですが、薪がストレスなく燃えて、安全にストーブが暖かくなるためには、煙突が命です。
上昇気流が発生しないと、ストーブに空気は入らず、酸欠では薪が燃えません、煙の排出が難しくなりタールが付着して、煙突が詰まることになります。
煙突は、ストーブが健康で元気に働くための栄養源と考えてください。
煙が逆流したり、ストーブがゴーゴーと燃えないと悩んでいる方は、煙突を見直してみてください。効率よく排気がされていないのです。
シングルの煙突は、二重煙突への接続のみに使用するべきで、最大でも、50センチの長さにとどめるべきです。

1 外気温度に左右されずに、最良の上昇気流を生み出し、ストーブを早く温めること。
2 ススやタールの付着による、煙突火災を引き起こさないように、煙突が常に温かいこと。

どのように設置された煙突がいいのでしょうか

煙突が横引きされている場合は、排気効率が悪くなります、横引き状態をできるだけ少なくなるような工夫が必要です。
2重煙突の継ぎ手にはいろいろな角度がありますから、出来る限り水平な煙突の設置は避けるべきです

横引き部分が長いと、煙の対流が発生しやすくなり、
上昇気流にブレーキがかかります。

したがって、タールやススの付着が増え、
煙突火災が発生しやすくなります。

煙突設置の理想は5メートル以上まっすぐに立ち上がり、屋根の棟(屋根の一番高い場所)より、60センチ以上高くなっていること、
そして、屋根から突き出している部分が、90センチ以上あることです。
この様に設置されている煙突の場合、上昇気流が起きにくいという問題は発生していません、加えて、煙突の煙道にはススの付着があまり見られません、
殆どのススは、煙突のトップ部分に付着するだけです。
(我が家の薪ストーブ2台の煙突掃除は、トップ部分は年1回、煙道は2年に1回で、掃除で出るススの量は1合位です。)

煙突の設置にも防火基準があります

ストーブの設置の防火基準と同じく、煙突にも、壁面や屋根垂木、野地板から離すべき防火の基準があります。
一番有利なのは、2重煙突ですが、シングル煙突の場合は、保護壁などの設置も必要になるため注意が必要です。
煙突火災とは、煙道内でタールやススが燃える現象で、煙突が真っ赤になり、1000℃を超えると言われています。
乾燥が不充分な薪を燃やしたり、針葉樹を多く燃やすと発生しやすいと言われていますが、火災が発生しにくい、煙突の選定と、設置方法が大切です。

防火上必要な煙突の高さです。

煙突クンのプランニング

1 立ち上がり50㎝以外は、2重煙突を使う
2 煙突は出来る限り、垂直に設置する、真っすぐ天井を突き抜けるようにする
3 メンテナンスのしやすい部材を選ぶことで、最適なストーブライフを実現する
4 ストーブの性能より、煙突の機能を優先する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください